第一中央法律事務所

相談予約

弁護士費用

初回相談では3万円(税別)を頂きます。これは、我々の営業のための「初回相談無料」ではなく、しっかりお話を聞いて、解決の可能性と費用、場合によっては解決策について正確にお返事をするためです。案件によってはこの段階で解決することも少なくありません。所要時間は1~2時間程度となります。また、有料ですから、もしご依頼頂かない場合も遠慮なくお断り頂けると考えております。

ご相談の結果、どのような対応をすればよいかは、ご相談内容によってさまざまです。
さらに、検査をした方がよい場合(特別な調査が必要)、薬を処方して様子をみればよい場合(簡単な文書を作成してお渡しする)、外科的処置をした方がよい場合(弁護士が代理人として交渉をお引き受けする)、手術が必要な場合(調停や訴訟、破産・再生等の倒産手続きの申立など、裁判所関係の手続きが必要)など。

どの場合にも、どれだけの作業をいくらでするか、費用見積りをご呈示し、ご説明いたします。
以下には、典型的なケースの弁護士費用の目安(報酬標準額)を記します。 個別のケースの料金については、お気軽にお尋ね下さい。

弁護士費用を支払う余裕がない方は、法テラスの利用をご検討下さい。
収入が一定額以下の方は弁護士費用を立て替えて貰うことができます。

詳細はご相談の際、弁護士にお尋ね下さい。

お問い合わせは、下記まで
ご相談のご予約はお気軽にお問い合わせ下さい。
電話:    03-3281-7716

法的文書の作成代行手数料

ご要望を聴き取って、法的に有効な文書を作成する場合の料金の目安です。

▶契約書類作成

300万円以下の場合 10万円
300万円を超え3,000万円以下の場合 1%+7万円
3,000万円を超え3億円以下の場合 0.3%+28万円
3億円を超える場合 0.1%+88万円

▶遺言書作成

300万円以下の場合 20万円
300万円を超え3,000万円以下の場合 1%+7万円
3,000万円を超え3億円以下の場合 0.3%+38万円
3億円を超える場合 0.1%+98万円

交渉・訴訟など「成功・不成功」「勝敗」がある事件に関する費用

その事件の「経済的利益」の価格を基準として成功不成功にかかわらず、事件をお引き受けした際にいただく「着手金」、成功の程度に応じていただく「報酬金」とを申し受けます。

▶契約締結交渉

経済的利益の額 着手金 成功報酬
300万円以下の場合 2% 4%
300万円を超え3,000万円以下の場合 1%+3万円 2%+6万円
3,000万円を超え3億円以下の場合 0.5%+18万円 1%+36万円
3億円を超える場合 0.3%+78万円 0.6%+156万円

(着手金の最低額は10万円)

▶民事事件

経済的利益の額 着手金 成功報酬
300万円以下の場合 8% 16%
300万円を超え3,000万円以下の場合 5%+9万円 10%+18万円
3,000万円を超え3億円以下の場合 3%+69万円 6%+138万円
3億円を超える場合 2%+369万円 4%+738万円

(着手金の最低額は10万円)

民事訴訟を提訴する場合の料金です。
交渉は、ここから3分の1を減額した料金が標準額です。

時間制

ご希望により、定額制、着手金・成功報酬制ではなく、かかった時間に応じてご請求するタイムチャージ制をご利用いただけます。事件の価格は大きいけれども、早期に解決が見込めるケースでは、こちらがお勧めです。詳細はご相談下さい。

債務整理・倒産事件

案件の類型によって異なります。まずはご相談下さい。

▶個人の債務整理

着手金 2万円×債権者数(ただし、商工ローン業者は1社5万円)
報奨金 着手金と同額の成功報酬+下記1と2
1.減額報酬金…貸金業者主張元金と和解金額との差額の10%
2.過払報酬金…貸金業者から過払金の返還を受けたときは、過払金の2割相当額

(着手金の最低額は5万円。ただし、商工ローン業者は10万円。)

▶自己破産・免責手続

着手金 借金金額1000万円以下 債権者10社以下 20万円
債権者11社から15社 25万円
債権者16社以上 30万円
借金金額が1000万円を超える場合 40万円
報奨金 着手金と同額を上限とする

▶個人再生手続き

着手金 住宅ローン特則なし 30万円以内
住宅ローン特則あり 40万円以内
報償金 債権者15社までで事案簡明な場合 20万円以内
債権者15社までの場合 30万円以内
債権者16社から30社の場合 40万円以内
債権者30社以上の場合 50万円以内

 

 

TOP